キャッシングの注意点をまとめました

キャッシングを滞納することは問題です。 - キャッシングの注意点をまとめました

キャッシングの注意点をまとめました > キャッシングを滞納する

キャッシングを滞納することは問題です。

キャッシングをした際の返済時に滞納してしまった場合には実は問題が発生してきてしまうんですね。
その問題というのが信用情報に関することなんです。

返済の滞納は個人に対する信用情報においてかなり影響を及ぼしてしまうことになります。
信用情報機関というものがあり信用情報に関することはそちらに記載されているものなのですが、返済が遅れてしまったことや滞ってしまっていることなども全部そこにのることになってしまいます。
では信用情報機関に返済が滞納したということが掲載されてしまったらどうなってしまうのでしょうか。

例えば3回滞納をしてしまったとします。
3回滞納してしまった場合にはブラックリストにのったというような状態になってしまうので注意が必要なんですね。
ブラックリストにのってしまうとできないことがどんどんと増えてきてしまいます。
例えば、住宅ローンなどを組む際にローンが組めなくなってしまう可能性があります。
住宅ローンなどを組む際には信用情報などを見られることになってくるのですが、その際にブラックリストに載っている事実や返済が滞納してしまったことがある事実が掲載されているとローン審査に落ちてしまう可能性があります。
また他にもクレジットカードを作りたいとなった時でもクレジットカードを作ることができなくなってしまう可能性もあるのです。
ですので注意が必要なんですね。

信用情報は5年間登録されますから5年の間に住宅ローンなどを組む予定があっても組めなくなってしまうということなんです。
携帯電話代の滞納も信用情報機関に乗ってしまいますから注意が必要です。

top